30代になってもニキビがなくならない人の特徴とは

30代になってもニキビがなくならない女性の場合、思春期ニキビから大人ニキビに移行しているのに気が付いていないというケースが多いです。10代の頃、思春期ニキビが酷くて、思春期ニキビ用の洗顔やお手入れを行っていたという方が、大人ニキビに移行しているのに気が付かないというパターンです。思春期の頃は、皮脂の過剰分泌が起こるので、皮脂を強力に洗い流す洗顔をしていたと思います。10代の終わりから20代前半の頃に、思春期の皮脂の過剰分泌が終わったことに気が付かずに、ずっと皮脂を強力に落とす洗顔を続けてしまいます。すると、急激に乾燥肌に陥ってそのまま、大人ニキビに移行してしまうのです。気が付いた時にはとてもひどい乾燥が起こっていて、どんなケアをしてもニキビができてしまうのです。30代になってもニキビがなくならない人の特徴として、最近の研究ではアクネ菌などの悪玉菌が多く、日和見菌が少ない傾向があります。最新の治療として、ひどいニキビ体質の方に、自分自身の顔の日和見菌を移植することで肌質が大幅に改善するという治療法があります。

40代ファンデーション