洗顔をしても顔が黒ずんでしまう原因とは

洗顔をしても顔が黒ずんでしまうことがあります。その原因は、正しく洗顔できていないからです。正しい洗顔をしないと、黒ずんでしまいます。一旦、黒ずんでしまうと、黒ずみを早く取ろうとして、1日に何回も洗顔する人がいますが、逆効果です。洗顔の頻度は多くても朝と夜の2回が限度です。

黒ずまないように洗顔するには、まず手をしっかり洗う必要があります。手には雑菌がたくさんついていて、雑菌がついたまま洗顔すると、黒ずみの原因になります。顔に雑菌がつくと、肌にダメージを与えることになり、せっかく洗顔しても黒ずんでしまうことになります。洗顔料で洗顔する前に、ぬるま湯で顔をすすぐことも大事です。これで顔についた汚れを落とすことができます。洗顔をしても顔が黒ずんでしまうのは、汚れがついたまま洗顔するからです。そして洗顔する時は、洗顔料をよく泡立てて優しく洗顔するようにします。洗顔料の泡立ては重要で、指で優しく撫でるようにして洗って行きます。すすぐときはぬるま湯ですすぐようにし、しっかり洗顔料を落とすように心がけます。洗顔料が顔に残ったままになると、肌に刺激が与えられ、黒ずみの原因になります。

朝の洗顔方法